巍桜流拳法

since 1995

 
 

拳法とは、「殴りあい」 ら来る「危険」「野蛮な」とか、「粗野な」等と言う観念で見ていただくのではなく巍桜流拳法は、紳士の武道であり、安全で、なおかつ、実践的な拳法です。

小学生の部のテーマは、「失敗を恐れない元気で健康な心と身体」、「礼儀」、 「責任」、「突き」、「蹴り」
一般の部のテーマは、「チャレンジ」、「健康」、 「護身」、「突き」、「蹴り」

 

コンセプト

拳法を通して、心身ともに逞(たくま)しい子供に育てる。
  目前の逞しさと共に将来においても逞しく生き抜いて行け、何事にも100%の力を発揮する子供達を目指しています。

1. 日本の社会情勢は非常に厳しい状況は皆様もご存知の通りです。子供達が大人に成った時にも逞しく生き抜く心とカラダの育成が何よりも大切な教育だと自負し ています。

2. 自主性を育み、強い判断力を有した何処にでも根を張る雑草のような逞しさを目指しています。

拳法でアトピー性皮膚炎や喘息が改善される

カラダの弱い子供達が増えています。健全なカラダに健全な精神も宿ると言われています。

当道場は何故健全な身体を創れるのか?

  1. 子供達は詰め込み教育ばかりを受けています。自主性を失い、形にはまった事だけしかできないように育てられているのです。遊ぶ時間も少なくなり、自主性喪 失に更に拍車を掛けています。

2. そんな子供達はキラキラと目を輝かせて取り組むことが少なくなりました。興味を抱かないことばかりをさせられて面白くないのです。

3. そうなると、イジイジ、ウジウジして後ろ向きの姿勢になり、呼吸も浅くなります。

背中が丸くなった姿勢の悪い子供達も多く見受けられます。

4. 呼吸は酸素を取り入れ体内に60兆個在るといわれている細胞一つ一つを活発に働かせ、不要になった二酸化炭素などを排泄します。

呼吸が浅いと酸素供給、二酸化炭素排泄が十分行われず細胞が活発に働けないのです。

当然ながらカラダの元気が出ないのです。

5. 当道場では、楽しく拳法を稽古しながら、自主性を育み、独特の呼吸を深くさせる方法で元気溢れる子供達に育てています。

また、稽古自体が面白くなければ自主性も呼吸も促進されません。

長年の研究成果で、それが可能になったのです。

肉体的に元気になれば、精神的にも安定し前向きな姿勢になり、 拳法を通して、心身ともに逞(たくま)しい子供に育てる。
  目前の逞しさと共に将来においても逞しく生き抜いて行け、何事にも100%の力を発揮する子供達を目指しています。

1. 日本の社会情勢は非常に厳しい状況は皆様もご存知の通りです。子供達が大人に成った時にも逞しく生き抜く心とカラダの育成が何よりも大切な教育だと自負し ています。

2. 自主性を育み、強い判断力を有した何処にでも根を張る雑草のような逞しさを目指しています。

拳法でアトピー性皮膚炎や喘息が改善される

カラダの弱い子供達が増えています。健全なカラダに健全な精神も宿ると言われています。

当道場は何故健全な身体を創れるのか?

  1. 子供達は詰め込み教育ばかりを受けています。自主性を失い、形にはまった事だけしかできないように育てられているのです。遊ぶ時間も少なくなり、自主性喪 失に更に拍車を掛けています。

2. そんな子供達はキラキラと目を輝かせて取り組むことが少なくなりました。興味を抱かないことばかりをさせられて面白くないのです。

3. そうなると、イジイジ、ウジウジして後ろ向きの姿勢になり、呼吸も浅くなります。

背中が丸くなった姿勢の悪い子供達も多く見受けられます。

4. 呼吸は酸素を取り入れ体内に60兆個在るといわれている細胞一つ一つを活発に働かせ、不要になった二酸化炭素などを排泄します。

呼吸が浅いと酸素供給、二酸化炭素排泄が十分行われず細胞が活発に働けないのです。

当然ながらカラダの元気が出ないのです。

5. 当道場では、楽しく拳法を稽古しながら、自主性を育み、独特の呼吸を深くさせる方法で元気溢れる子供達に育てています。

また、稽古自体が面白くなければ自主性も呼吸も促進されません。

長年の研究成果で、それが可能になったのです。

肉体的に元気になれば、精神的にも安定し前向きな姿勢になり、運動療法と合わせてアトピー性皮膚炎や喘息等の症状も改善されているのです。

   と合わせてアトピー性皮膚炎や喘息等の症状も改善されているのです。

   

巍桜流拳法柏原本部道場のこどもたちへの教育方針

柏原本部道場の稽古時間